もう薄毛とかハゲとは呼ばせない!亜鉛に頼って何が悪い?

抜け毛多し、どうすればいい?

「多くの男性は、30代半ば頃から少しずつ髪の毛に変化を感じるようになり、40代には多くが何らかの変化を感じるようになる」
そのようなことをあちこちで言われるけれど、それがすべての人に当てはまるわけではない。
40代でも変化を感じることが無いというような人もいれば、20代で結構な変化を感じる人もいる。

 

ということは、今現在変化を感じていなくても、何らかの予防をしておいた方が、実際の変化の際にも慌てることなく対処できるような気がする。

 

もしかすると、変化そのものがなかなか起きないというラッキーなことになるかもしれないのだ。
と、頭で分かっていても、実際気を付けることがなかなか難しかったりする。予防をはじめても続かなかったりする。
時間に追われていて、面倒になったり、使用するものが切れてしまって購入するのを忘れていてそのまま自然消滅したりだ。

 

もし、誰かがすべてお膳立てしてくれたり、面倒な方法でなければ続けていけるような気もしている。
ちょっと甘えも入っていると思うけれど、こういう風に思う人が実際のところは多いだろう。
そして、自分もそのひとりだ。

 

しかし、お膳立てしてくれる人がいなかったりすることもあるだろう。もし、いても何もしれくれないという場合もあるだろう。

 

そのような現状でも、やはり予防も改善もしておいた方が無難だ。ここは習慣にしておくと間違いない、それが薄毛予防と改善なのだ。

抜け毛予防に何してる?

多くの男性は、髪の毛の抜け毛予防として何をやっているのか気になる。
見た目を気にする男性で、親や親せきなどに薄毛の人が多いという場合は、若いうちから気にしてケアしている場合が多いようだ。
 
その中でも特に多いのが、普段の髪の毛のケア商品についてであり、シャンプーやコンディショナーを育毛や増毛効果のあるようなものにチェンジしたりしている。
このようなシャンプーやコンディショナーは血行を良くする効果が高いことは知られているが、実際の髪の毛の効果についてはすべての人には効果が無いとも言われている。

 

ということは、効果が無いという人の場合は、髪の毛の抜け毛の原因そのものが、血行不良ではないということなのかもしれない。

 

髪の毛の抜け毛というと、その理由はひとつではない。多くの人が勘違いしているのは、血行不良改善をうたった商品が多いために、髪の毛の抜け毛=血行不良と思っていることだ。

 

これは大きな間違いである。もちろん、血行不良が原因で髪の毛が抜けるというような人もいるが、そこまで多くないというのが現状だ。
タバコを吸っていたりすると、血管が収縮して血行不良になるというのはありがちな話だが、そういう原因が見当たらないという場合は他に原因があると思った方がいい。

「気にしない」なんてウソ!できれば髪の毛はあった方がいい

女性は優しいものだ。「髪の毛があるとかないとか気にしない」と言ってくれることがある。
しかし、髪の毛がしっかりある男性の前で多くの女性はそんなことは言わないだろう。目の前に髪の毛にコンプレックスを持った男性への気遣いなのだ。
もちろん、本当に気にしないという人もいるかもしれないが、それは少数。
あった方がいいというのが本音だ。

 

これは、男性に「スタイルの良い女性じゃないとダメか?」と聞き、「気にしない」というのと似ている。
ダメではないけれど、できればスタイルの良い女性の方がいいというのが本音だ。
それを、ぽっちゃり系の女性から面と向かって言われて、「気にしない」と答えるのが普通だし、配慮というものだ。

 

 

どうして、髪の毛があった方がいいと思うのか聞いたアンケートがあった。

 

若く見える

かっこよく見える

友達にも紹介しやすい(見た目的に)

洋服なども何でも似合いそう

いちいち髪の毛ネタに気を遣わないといけないのが面倒

気にしないという姿勢そのものが嫌い

 

 

 

というようなアンケート結果が見受けられたようだ。きっと、これは本音だろう。
女性は女神ではない、女性は現実的なのだ。だから、女性の優しい言葉をすべて信用してしまうと後で痛い目に遭うこともあるのだ。
 

 

 

亜鉛をサプリで効果的に補給 

 

亜鉛の過剰摂取は逆効果 

 

 

髪の毛が薄くなってのメリットとは?

髪の毛が薄くなったことのメリット?そのようなものが実際のところあるのだろうか。あるのだったら気にはなる。
デメリットについてはいくらでも思い浮かぶが、メリットがあるのだろうか?

 

年上に見えることで新入社員や外部の社員になめられない

落ち着いて見える

髪の毛のケアやセットなどに時間を使わないでよい

シャンプーが楽

理容室にあまりいかなくてよい

 

と、このような声が聞かれたようだ。確かにメリットと考えればメリットであるけれども、デメリットとも考えられることがいくつかあるように思う。

 

落ち着いて見えても、しょせんは第一印象だ。中身がばれれば意味は無い。髪の毛のケアやセットなどにまつわる話も、髪の毛が無い状態が嫌だけれどもそれを無理に納得させているような気さえ感じる。本来ならば、できるであろう髪型などもできないのだし、デメリットをすり替えているようにも思える。

 

 

いろいろと厳しいことを思うが、最終的な答えは髪の毛はあった方がいい ということだ。
多くの人は、自分の老化現象と思えるようなものを避けたいと思うし、できれば遅らせたいと願う。
同窓会で若いとか、変わっていないというのは褒め言葉のように思うし、あまりに変わってしまったり老けてしまうと見た目については触れられないのが現状だ。

食生活は抜け毛に関係がある?

髪の毛と食生活が関係あるのか?無いと思っている人も多い。
そして、髪の毛の抜け毛に悩んでいたり。すでにハゲと呼ばれるような人の方が、この傾向がある。
髪の毛の抜け毛と食生活は関係ないと思っている。

 

毎日、他の人が何を食べているのか?ということを突っ込んで調査できればいいのだが、なかなか難しいのが現実。
本当のところは、年齢の割に髪の毛がしっかりあるという人の食生活をチェックしてみたいところだ。

 

 

これは私の周りの傾向ではあるが、年齢の割に髪の毛が少ないという人の多くは、お弁当を持参しない傾向が強く、いつもコンビニ食が多いような気がする。
そして、意外なところで独身男性も多い。

 

奥さんや母親が食事のことをしっかりと考えてくれている人、もしくはそのような意識が元々高い人は髪の毛の抜け毛に悩んでいる人が少ないように感じる。
50代くらいになれば、だんだんそのような抜け毛傾向が強くても仕方ないのだが、まだ早いというような年齢層を見ていると傾向としてあるように感じる。

 

 

 

これは、髪の毛が食生活と関係があるということでもあるだろう。
実際のところ、髪の毛と食生活には関係があるようだ。髪の毛も皮膚も、食べたものから作られるのだから当たり前なのだ。

髪の毛に必要な栄養素について

髪の毛にはどのような栄養素が必要なのかということが気になるだろう。
昔、わかめや海藻類は髪の毛をきれいにするとか、伸びるとか言われていたが、あれは本当のところなのか今更気になった。

 

海藻類の栄養について調べてみたところ、ヨードや各種ビタミン、ミネラルなどが多く含まれていた。
これらの成分は、もちろん髪の毛には効果のある栄養素ではあるのだが、薄くなった髪の毛を生やしたりするようなものではなく、どちらかと言うと今ある髪の毛そのものをツヤのある髪の毛にするために必要な栄養素であることは間違いない。
黒髪を生かしたり、ツヤのある髪に・・・というと、どちらかと言うと男性より女性が摂取した方がいいもののような気もしてくる。

 

髪の毛の生成にはさまざまな栄養素が関係している。髪の毛そのものはたんぱく質でできているが、たんぱく質だけがあっても髪の毛は生えてこない。
さまざまな栄養素は、栄養価の高いバランスの取れた食事であればカバーできるものが殆どだ。

 

 

しかし、その中で亜鉛という栄養素があるが、これは含まれている食品も少ない上に、体内に吸収しにくい栄養素というだけあって難しい。
この亜鉛が、髪の毛の悩みに効果を発揮する ということで、最近は頻繁に見かけることが多くなった。

 

 

亜鉛をサプリで効果的に補給 

 

亜鉛の過剰摂取は逆効果 

参照サイト

亜鉛サプリ・・・亜鉛サプリの効果について詳しく書かれたサイトです。